‘ギットハブ(GitHub)’ のOrganization Repositoryを連携したいです。

‘ギットハブ(GitHub)’ のOrganization Repositoryを連携したいです。

JANDIでは効率的な業務環境のため、様々なサービスとの連携を提供しております。GitHubはGitバージョンコントロールシステムに基盤するオープンソースプロジェクトのためのソーシャル保存所です。

GitHubをJANDIと連携すると、GitHubブランチのCommit、 Comments、 Pull Requestのような多様な変更事項をチーム内でメッセージに受信できます。
GitHubではチーム単位のプロジェクトを管理できるOrganization機能を提供しております。このOrganizationのRepositoryをJANDIと連携する方法を説明いたします。


⒈まず連携するOrganizationの管理者アカウントにログインします。
2.右上に表示されるアカウント設定メニューで‘Your profile’メニューに進入します。
3.個人設定メニューの左側で‘Authorized applications’メニューを選択します。
4.‘JANDI’と連携した記録がある場合JANDIが表示されます。(連携した記録がない場合、JANDIで新しいコネクトを作成してアカウント認証をしてください。)
5.JANDIをクリックします。
6.下に‘Organization access’メニューが見え、JANDIと連携されていないOrganizationが見えます。
7.連携させたいOrganization隣の‘Grant access’を押してください。
8.上のように新しいOrganizationが連携された状態になり、JANDIコネクトのRepositoryに表示されます。

このようにOrganizationのRepositoryをJANDIに連携させる方法を説明いたしました。問題が解決されない場合いつでもJANDIの[お問い合わせ]メニューをご利用ください。

コメント

Powered by Zendesk