ご契約いただいた人数と実際の利用者数が異なる場合

ご契約いただいた人数と実際の利用者数が異なる場合

JANDIチームを有料バージョンに転換する際、ご契約いただいた人数と実際にチームに参加する人数が異なる場合

JANDIでは、毎月月初、チームに実際に参加している人数を把握して請求書を発行しております。

実際の利用者人数がご契約いただいた人数より多い場合、オーバーした人数分だけ請求されます。
但し、オーバーした人数に対する請求は年間利用料金ではなく、月刊利用料金に基づいて請求されるため、利用者人数が増える可能性の高いチームは、初めから利用者人数に余裕を持ってご契約いただくことをお勧めいたします。

実際の利用者人数がご契約いただいた人数より少ない場合には、毎月利用者人数を確認し、余る人数分だけJANDIクレジットにて換金させていただいております。JANDIクレジットは[管理者メニュー] - [決済情報]ページでご確認いただくことができ、次回のJANDI費用決済の際にお使いいただけます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

Powered by Zendesk