有料プランにのみ追加される機能とは?

有料プランにのみ追加される機能とは?

JANDIはプレミアム(Premium)とエンタープライズ(Enterprise)の2つの有料プランを提供しております。

無料(Free)JANDIチームとは異なって、JANDI有料プランご利用の際、提供される機能は以下となります。

 

1. 受信確認機能(Premium、Enterpriseプランの両方提供)
あなたが作成したメッセージを何人が読んだのかが表示されます。誰が読んだのかを確認し、業務依頼の際、進行状況を容易に把握することができます(但し、準メンバーはメッセージ受信リストを閲覧することができません)。

※未使用/全てのメッセージを確認する/私が作成したメッセージのみ確認する の3つからお選びできます。

2. ビデオ通話機能(Enterpriseプランのみ提供)
メッセージ入力画面の右端の(+)ボタンをクリックし、[ビデオ通話]メッセージを転送します。
モバイルおよびPCで最大64人まで同時アクセスできるビデオ通話機能がご利用いただけます。

出張や外勤中のメンバーでも顔を合わせての話し合いが必要となった場合、とても役立ちます。
画面やファイルのシェアも可能です。

3. ファイルダウンロード記録の確認(Enterpriseプランのみ提供)
もし、チーム管理者がファイルダウンロード記録を確認する必要がある場合、[チーム管理者メニュー]でダウンロード情報一部の確認ができます。ファイル名を検索し、チーム内で行われたダウンロードおよびプレビュー履歴を確認することができます。

4. タスク(To-Do)の無制限追加/削除
有料バージョンでは、あなたの業務リストのみならず協業のための分業に必要とされるタスクを無制限に追加して、業務生産性をより高めることができます。無料チームのタスクの追加は100個まで可能であり、削除機能も提供されておりません。

5. 組織管理で組織図を作る(Premium、Enterpriseプランの両方提供)
チームごとに組織図を作り、メンバーを管理することができます。組織管理機能はチーム管理者が設定することができ、また、チーム内にサブ組織を作ることができて、役職の追加/修正/削除ができるため、メンバー管理がより容易になります。

6. 掲示板型「ボードビュートピック」を作る
「ボードビュートピック」とは、投稿(Post)を固定形態で確認できるトークルームのことです。告知事項を伝えたり、電子決済、備品等の依頼をするときのトピックで、ビュー形式を選択してご利用いただけます。

7. チームアイコンの変更(Enterpriseプランのみ提供)
チームアイコンを企業ロゴに変更・設定することができます。設定前にはJANDIアイコンがデフォルト設定となっております。

8. モバイルでのファイルダウンロードの制限(Enterpriseプランのみ提供)
管理者がモバイルアプリケーションでのファイルダウンロードを制限することができます。ファイルのプレビューはできます。

9. 文書ウォーターマーク(Enterpriseプランのみ提供)
文書のプレビューモードでウォーターマークの設定ができます。
ウォーターマークはメンバーの氏名、チーム名、直接入力の中で選択できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

Powered by Zendesk